着物を売るときの注意点

着物を売るときの注意点とは?

着物を売るときの注意点

 

買取店で買取の対象となっているのは、主に正絹の着物です。匁と呼ばれている絹の量によって値段が付くことになりますが柄や作者、サイズなど様々な要因で買取価格は変化します。

 

着物を売る時に知っておきたい注意点とは何があるのでしょうか?

 

買取の時注意したい点

買取で重要なのはなんといっても値段です。着物は安いものでは数千円から高いものでは数百万まで非常に幅の広い買取価格があります。

 

注意しなければならないのは悪徳な業者によって不釣り合いな値段で取引をされ、結果として大きな損をしてしまうことです。大切な思い出が詰まった着物ですから、そんな思いはしたくありませんよね。

 

そのため信頼できるお店を探して任せることが大切です。もしくはいくつかのお店で比べて価格を確かめることも必要と言えます。その場合キャンセル料などが発生する可能性があるので、注意が必要です。しっかりと比較、検討してみましょう。

 

 

比較的高値で取引されやすいもの

基本的な買取の中心になるのは正絹と呼ばれる着物になります。一般に匁と呼ばれている絹の量によって値段が付きますが、他にも様々な要因で価格は変化します。

 

施されている加工や柄などによっても値段は変わってきますし、コーディネイトしやすいものや誰もが身に付けやすいサイズであることでも価格は変わっていきます。

 

もちろん美品であることも重要です。着物を今後買い取ってもらう予定のある方は、なるべく綺麗な状態を保つようにしてください。もちろん放置しておくと劣化がどんどん進むので早く買取に出してしまうのも一つの方法です。

 



スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?