着物買取 下取り 違い

着物買取と下取りの違い?

着物買取,下取り,違い

 

下取り買い取りは、大きく異なります。下取りは新たに着物を購入する場合に引き取ってもらうことで、新しい着物の値段から割引していただけるものです。

 

着物を購入することなく、買い取ってもらうことを買取と言います。買取と下取りの特徴を理解してあなたにあった方法を選びましょう。

 

 

下取りの特徴

下取りとは新しい品物を購入するときに、自分がもともと持っていた古いものを引き取ってもらうことで新しく買うものから、持っていたものの買取額分だけ値下げしてもらうというものです。

 

下取りは新しいものを購入するときのことを指すので着物を売ることだけが目的の人は注意が必要です。下取りのメリットは売る時のお店と買う時のお店が同じになるので、売りに行く手間が省けるという点です。

 

デメリットは買取り専門のお店より買取価格が多少下がってしまう場合が多いことです。それに状態が悪いと下取りの対象にならないこともあるので注意しましょう。

 

 

買取の特徴

買取とは新たに商品を購入することなく、自分のものを買取ってもらうことができます。買取先はリサイクルショップ、古着屋、着物屋、買取り専門店などがあげられます。

 

メリットは買取り価格を他の店と比べられる点です。査定額を比べて最高値のところで売るようにしましょう。買取りは専門店が高く買い取ってくれることが多いので、着物買取りの専門にしているところで売るのもいいかもしれません。

 

 

下取りと買取自分に合った方法でお店を探しましょう。

 

 

 



スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?