和装小物で不要になっているものはありませんか?

和装小物で不要になっているものはありませんか?

不要なものはなにも着物だけに限った事はありませんよね。着物の他にも帯や下駄、それに草履や足袋、帯締め、帯揚げ、かんざし、扇子などの和装小物を余している方もいるはずです。ほとんどの着物買取専門店では、こういった和装小物も買取ってくれるので、もし使い道に困っているのであれば着物と一緒に出してみてはいかがですか?

 

和装小物は着物とは違い、買取価格に大きな違いはなく、高価買取が期待できるというわけではありません。だいたい相場も1〜2千円ほどと言われています。ちなみに着物自体の相場についても知っておきましょう。状態が良く10年以内の正絹の着物や、振り袖や訪問着は1万円前後、その他の袋帯や小紋、黒留袖、名古屋帯などは6〜8千円ほどとなります。

 

当然ながら、国宝級の職人が手掛けた作品や有名作家のものはさらに高額査定が期待できます。もし、着物とセットになっている和装小物であれば、通常よりも若干高めに買取ってもらえる可能性があるので、査定依頼をしてみる価値は十分にあります。

 

着物は、専門な知識や目利きがなければ適性価格を付けることは難しい代物です。その為、どこに査定を依頼するのかも慎重に選ぶようにしましょう。選ぶポイントは熟練した鑑定士・査定人がいるか、そして実績や口コミ・評判などです。

 

これらを総合的に見ながら買取専門店を選ぶと、きっと満足のいく値を付けてもらうことができるはずです。まずは家にどのくらい不要な着物と和装小物があるのかをチェックしてみて下さい。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?