買い取ってもらえない着物とは

買い取ってもらえない着物とは

いくら着物を売りたくても、買取業者に断られるケースもあります。つまり、査定額がつけられない着物などです。あまりにも古い一般の着物や、シミなどが3cm以上ついている着物、つまり生地の傷みがひどい場合は買取が難しくなります。

 

特に、着物の表面の汚れやシミなどは査定に直結するので、事前に着物の状態を確認しておきましょう。また、色落ちや虫食い、カビなども買取不可や査定額が下がる原因になってしまいます。さらに、サイズが小さすぎたり、大きすぎたり、特殊なサイズだったりする着物も買取ができない場合があります。

 

また買取業者によっては、化学繊維やウール、ポリエステルを使用した着物は買取をおこないません。喪服の着物に関しては、各社買取対応はさまざまです。使用済みの場合は断られる商品などもあります。

 

例えば、羽織やコート、浴衣、喪服、草履などです。また、バッグや帯揚げ、帯締めなども対象となります。買取不可の商品については、大半の着物買取業者のサイト内で説明されています。見積もり査定前には、売りたい着物の中に買取業者の指定する買取不可商品が含まれていないことを、しっかりと確認しておきましょう。

 

着物の買取をお願いする場合は、リサイクルショップや買取専門店、着物買取専門店などに依頼できます。しかし買取店によって査定額に大きな差が出ることもあるので、納得して着物を売れる様に専門の方が査定をおこなう着物買取専門店を利用しましょう。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?