着物の種類について

着物の種類について

着物はフォーマルからカジュアルなものまで、さまざまな種類があります。フォーマルな着物の方が一般的に生地の良いものが多いので、買取では高額になる可能性があります。フォーマルな着物は、主に絹が使用されています。絹を使用した生地にも2種類あり、織られた生地に柄をつける後染めと、糸を染めてから織りあげていく先染めがあります。

 

フォーマルな着物の種類には、留袖や振袖、訪問着や付け下げ、色無地などがあります。留袖は黒留袖と色留袖があり、黒留袖は結婚式などに使用される既婚女性の正装となります。色留袖は、既婚・未婚に関係なく着用できる礼装です。振袖は未婚の方の礼装になり、長い袖が特徴でパーティーや成人式などでよく着られています。

 

訪問着は絵羽という模様がつけられた着物で、華やかな礼装となります。付け下げは着用した際に模様がすべて上を向くようにデザインされていて、訪問着よりも格が低いとされています。色無地は紋が入っていれば礼装となり、なければカジュアルとなります。これらはすべて柄のつけ方によって区別された呼び名です。

 

カジュアルシーンの代表着物は、小紋です。これは着物全体に同じ柄が上下関係なく繰り返しかかれている着物です。しかし小紋の中でも江戸小紋三役と言われる鮫・行儀・通しについては格が高いとされていて、紋を入れる事でフォーマルな場でも着用できます。また、一般的に糸を染めてから反物に織りあげる紬や、木綿素材の着物がカジュアルな着物となります。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?