着物の歴史や文化

着物の歴史や文化

着物とは、もともとは着る物や衣服を示す言葉でした。日本人が明治時代に洋服を着るまでは、着物は国民皆が着用していた民族服とも言えます。また、世界に誇れる日本の伝統文化のひとつでもあります。

 

現在でも多くの日本人に、着物は愛されています。それは、日本人の顔や体形、気候に適した衣服だからです。もちろん、その美しさや着用した時の雰囲気なども好まれる理由です。

 

着物のはじまりは、平安時代に着用していた対丈と言われています。この頃から、外国の影響ではない日本独自の服装に変化していきました。公家の男性や女性が、着物を初めて着用していたようです。

 

この頃の着物は、袖口の下を縫わないスタイルで、これは現在でも産着や長襦袢などに用いられています。現在この袖は、広袖(ひろそで)とも呼ばれています。平安時代では、女性が着用した下着の事を白小袖と呼んでいました。

 

現在では日常生活で着物を着る機会は少なくなっていますが、礼装として多くの方が着物を着用しています。例えば、結婚式やお葬式、お正月などです。また、成人式や七五三、式典などでも多くの方が着物を着用している姿を見る事ができます。

 

夏のお祭りで着る浴衣も着物と言えます。そして日本文化である歌舞伎や落語、お茶、日本舞踊などでは、着物を着る機会もまだまだあります。現在は洋服が日常着となっていますが、機会がある方は着物を買って着てみましょう。また、現在お持ちの着物を買い取ってもらい、新たな着物を新調する資金にする方法もあります。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?