着物の買取で需要が高いのはどんな着物

着物の買取で需要が高いのはどんな着物

着物の買取業者が増加していますが、需要があるので買取が盛んにおこなわれています。例えば、若い方にはリメイク着物の需要が高く、外国人の方がお土産として購入されるケースも増えています。

 

さらに、昔からお茶やお花の習い事をしている方などには継続的な需要があります。なかには、江戸時代や明治時代、大正時代の作品や人間国宝の方の作品を、投資や鑑賞目的で購入される方もおられます。

 

それは、現在では復元する事が難しいさまざまな技法が使用されている着物が多いからです。

 

各買取業者が着物を買取する際には、家紋入りであっても買取してくれる場合が多くなっています。最近では、家紋にこだわる方が昔より減ってきているためです。また着物には、生地や形にさまざまな種類があります。

 

振袖や袴も一般の着物よりは査定が下がる事が多いのですが、買取をおこなってもらえます。もちろん、傷や汚れなどがひどい時は買取ができない場合もあります。訪問着や色留袖は、既婚・未婚に関係なく着用できますので、需要が高く人気がある商品になります。

 

大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる、花柄や幾何学模様をデザインしたアンティーク着物は、状態によっては高値で買取してもらえます。

 

その為、珍しいアンティーク柄や保存状態のいい良質な中古着物は需要が高い商品となります。証紙や保証書があるとさらに高額査定につながりますので、しっかりと探しておきましょう。高額買取の着物は、1枚で数十万円や数百万円の値が付く場合もあるので、着物を買取業者に売る場合は、家にある着物と付属品を確認してみましょう。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?