着物の保管や手入れについて

着物の保管や手入れについて

着物を売る場合には、日頃の保管方法も大切です。それは、管理の仕方によって着物の状態が大きく変化するからです。保管や手入れをきちんとしておくと、同じ着物でもかなり長持ちさせる事ができます。

 

着物には、絹を用いた物が多くなっています。絹の色合いや品質を保つ為には、湿気から着物を守るようにします。その方法は、タンスの1番下の引き出しに必ず防湿剤を敷く事です。そして着用したら、必ず虫干しをおこないましょう。また、着用後は保管する前にシミや汚れ、汗を完全に除去します。これは、専門業者にまかせましょう。

 

保管の際に使用する着物を包むたとう紙は、湿っていたら取り換えます。防虫剤は別の種類を同時に使用すると、溶けてシミを作ってしまう場合があるので1種類のみ使用します。

 

特に、ナフタリンは絹との相性が良くないので使用を避けます。よく着用する着物はタンスの中段あたりに保管して、湿気の少ない天気の良い日が続いている場合には、タンスの引き出しを開けておきます。これらの方法で、かなり湿気を防げます。

 

着物を着用した後は、着物ハンガーにかけてシミや汚れをチェックしましょう。食事をおこなった場合は、胸元を重点的に確認します。汗をかいた場合は、脇や背中、おなか付近、そして袖口や衿まわり、裾は最も汚れやすいので、こちらもしっかりと確認します。

 

また、虫干しをした後も、汗ジミなどができていないか再確認しておきます。できてしまったシミによっては、ドライクリーニングでは対応できない場合があります。その場合は着物の専門店で、しっかりとお手入れをしてもらいます。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?