着物の下着類などの手入れ方法

着物の下着類などの手入れ方法

着物を着る際は、浴衣などを除き肌襦袢や長襦袢、足袋を着用します。これらは自宅で手入れができる場合が多いので、しっかりと手入れ方法を覚えておきましょう。肌襦袢は、着用後なるべくすぐに洗濯機で普通に洗います。

 

長襦袢は、汚れが気になる場合に半衿をはずし手洗いしましょう。洗剤は、シルクを洗える専用の物を使用します。脱水はタオルで水分を取って、形を整えシワを伸ばして陰干ししましょう。足袋は、つま先や裏側の汚れをまずブラシで払いおとします。

 

それから、汚れがひどい場合はつけ置きし洗濯機で洗います。長襦袢を洗わない時も、半衿は毎回必ず取りはずして洗濯します。また、忘れないようにすぐに洗濯が済んだ新しい半衿を付けておきましょう。

 

帯をするおなかまわりは、大変汗をかきやすい部分です。帯も湿気に弱いので、毎回使用後は陰干しをおこないます。汚れがある場合は、専門店にまかせましょう。ファーなどが汚れている場合には、固く絞ったタオルで汚れをとりましょう。ごしごしとこすりすぎると、油分や毛が抜けてしまう原因となるので優しく拭き取ります。

 

草履は、1番汚れやすい小物になり、素材によってお手入れ方法が変わります。皮製品は乾いた布で拭いて、エナメル素材の場合は湿った柔らかい布で拭きましょう。ウレタンの草履の場合も、柔らかい布で拭きます。鼻緒は布に専用のクリーナーをつけて、優しく全体を細かく拭いて、その後は陰干しをしておきます。

 


スピード買取.jpとは 買取と下取りの違い 売るときの注意点 どんなトラブルがある?